◎ 宮崎市青少年プラザ貸出要領    
1 貸出について
    (1)貸出については青少年プラザ及び同一施設で運営している北部老人福祉センターで主催する
       事業等において利用せず空いている時間帯において行う。
    (2)貸出については抽選会(2ヶ月前の第2土曜日)に参加し利用の申請を行うものとし、抽選会の
       翌日以降に空き施設がある場合は随時申請が行えるものとする。
    (3)施設において「宮崎市青少年プラザ利用許可申請書(様式第2号)」に記入をし、「利用料金」と
       もに提出し「宮崎市青少年プラザ利用許可書(様式第4号)」と領収証を受け取る。
       ●おつりは、基本的に用意してありません。おつりのないようにご準備ください。
     
  * 利用団体人数は、原則2名以上とする。
  * 塾・教室・営利・ネットワークビジネス・宗教活動、政党活動および飲食目的の使用はできません。
  * 申請内容と利用内容に相違がある場合は、退館していただくことがあります。


2 使用上の注意
    特に次のことを守ること。
     (1) 利用時間は「準備」「後片づけ」「清掃」までを含んだ時間とする。
        ●利用時間をお守りください。入室・退室時間を守ってください。(追加料金が発生する場合があります)
     (2) 利用後は利用前の状態に戻し点検を受けること。
     (3) 附属設備、備品等は取扱いに十分注意し、所定の位置へ整理して収納し点検を受けること。
     (4) 施設、附属設備、備品等を汚損し、損傷し、又は滅失したときは届け出ること。
     (5) 特に戸締まりをしっかりする。
     (6) 使用中にカーテンを閉めたら使用後は必ず開けておくこと。
     (7) プラザ内での飲食については事前に相談すること。ゴミ等は、持ち帰ること。
     (8) 利用団体の責任者は使用終了後に「使用報告書」を記入すること。

    ☆調理実習室のご利用について
     ● 洗剤・スポンジ・フキンはご用意ください。
        (衛生上準備してありません。)
     ● 用具は元の場所にもどしてください。
     ● ごみ・生ゴミは、必ずお持ち帰りください。
     ● 利用後は、IHコンロの確認をお願いします。
     ● 誤って食器等を破損したときは、事務室に速やかにご連絡ください。



3 利用料金について
  (1)利用料金
    ○ 施設の利用料金

区     分 利用料金
(1時間につき) 
交流室A・B・C・D  (各定員約20名、広さ:約8m×約5m) 200円
和   室      (広さ:20畳、約3m×約10m) 420
  音  楽  室    (定員約40名、広さ:約8m×約10m) 620
料理実習室       (定員約20名、広さ:約5m×約13m)
     IH調理台5台設置
420
軽運動室   (広さ:約8m×約18m) 壁鏡あり、ダンス最適 870
体育館
半面は半額
アマチュア 児童生徒 全面 450
一般 全面 900
アマチュア以外 全面 1,310
 (広さ:約40m×約30m、高さ:約8〜12m、バレーボールコート2面相当)
 備 考
   1 「児童生徒」とは幼稚園、小学校、中学校または高等学校(これらに準ずるものを含む。)に在籍
     する者が利用する場合、「一般」とは児童生徒以外の者が利用する場合をいう。
   2 体育館を利用する場合において、利用面積が床面積の2分の1以下のときの利用料金の額は、こ
     の表に揚げる額の2分の1の額とする。
   3 利用時間に1時間未満の端数が生じたときは、その端数は、1時間とする。
   4 規定により算定した利用時間の額に10円未満の端数が生じたときは、その端数金額を切り捨てる。
   5 附属設備及び備品の利用料金は、別に定める。


○ 附属設備及び備品の利用料金

附属設備等の種類 単位 利用料金
(1時間につき)
体育館設備 バレーボール 1組 40円
ミニバレーボール 1組 40円
バドミントン 1組 40円
テニス 1組 40円
バスケットボール 1組 40円
卓球 1台 40円
音響設備 放送器具(マイク1本付) 1式 150円
有線マイク 1本 40円
ハンドマイク 1本 40円
その他 CDラジカセ 1台 120円
プロジェクター 1台 150円
 備 考
   1 利用時間に1時間未満の端数が生じたときは、その端数は、1時間とする。
  






(2)利用料金の不還付
    既に納入した利用料金は還付しない。ただし、次の場合は全部又は一部還付する。

基 準 還付率
災害、その他利用者の責に帰することができない場合。 10割
利用取消しの申出が利用の日が14日前までであった場合。 8割
利用取消しの申出が利用の日が7日前までであった場合。 5割
その他、市長又は指定管理が特別な理由があると認める場合。 5割